グリナとドリエルの違い

グリナとドリエルの違い

睡眠について悩みを持つ方にとって「グリナ」と「ドリエル」の2つはメジャーなものです。
同じ睡眠を改善するという商品ですが、このグリナとドリエルの違いはあるのでしょうか?

 

少し見ていきましょう。

 

ドリエルについて

ドリエルの最大の特徴は「睡眠改善薬」ということです。
睡眠改善薬ということでお薬です。

 

似たものとして「睡眠薬」がありますが、これは医師の処方が必要なものです。

 

睡眠改善薬はその点で医師の処方が必要なく、ドラッグストアで購入できます。

 

睡眠改善薬は一時的な不眠症状に対して有効とされているので、割と即効性があります。

 

その仕組みは脳内の目を覚まそうという物質の効果が出ないようにします。

 

副作用として、日中に眠気が残ることや頭痛などがあります。

 

 

グリナについて

ドリエルがお薬ということに対して、グリナはいわばサプリメント。
または食材と言ってもOKです。

 

カニやエビの甲羅をたくさん食べたというようなものです。

 

もちろん医師の処方もいりませんし、副作用の心配もありません。

 

一方でグリナはドリエルのような即効性はありません。
継続して飲み続けることで効果がより実感しやすくなります。

 

また、グリナはすぐに眠れるということよりも眠りの質を向上するというものです。
ですので、短時間の睡眠でもしっかり休めたという方もおられます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ