グリナとグリシンの違いとは?

グリナとグリシンの違いとは?

味の素KKから発売されている睡眠アミノ酸サプリメント「グリナ」。
これは睡眠アミノ酸というように、睡眠の質をアップさせようとするサプリメントです。

 

最近は、グリナのコンセプトに近い商品も増えてきました。
その中で「グリシン」という名前も良く聞くようになりました。

 

このちょっと似た名前のグリナとグリシンは何が違うのかと思う方もおられるかと思いますので、少し解説します。

 

グリナは商品名。グリシンは成分名

結論から申し上げますと、グリナは味の素から販売されている商品の名前です。
またグリシンは、アミノ酸の中の成分名です。

 

ですので、グリナはグリシンを使用した商品ということで、同じものということも言えます。

 

グリシンはもともと、無害な食品添加物としていろんな商品に使われていましたし、睡眠の質を改善するというほかのサプリメントと一緒に使用もされていました。

 

しかし、グリナほどグリシンのパワーを重視した商品はありませんでした。

 

グリナは、グリシンのパワーをしっかり実感するには3,000mg摂取する必要があるので、その量をきちんと摂取できるようにされたサプリメントです。

 

他のサプリメントは、グリシンを3,000mg配合した商品はほぼありません。

 

その点はグリナのほかの商品と違う点です。

 

ですので、グリナは味の素のものしかありませんが、グリシンは他の商品にもあるということを知っておいてください。

 

なぜグリシンのサプリメントはなかったの?

グリシンは前から使用されてきた成分です。
ですが、なぜグリナほど重視される商品が出てこなかったのでしょうか?

 

それは味の素KKがアミノ酸について詳しい企業だったからです。

 

それまでグリシンはあまり研究されてこなかったのです。

 

その中で味の素がグリシンの中の睡眠パワーを発見しました。

 

「この睡眠パワーを活用しないのはもったいない!!」ということで、ほかの商品と違いのあるグリナという商品が生まれたのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ