グリナのグリシン含有量

グリナのグリシン含有量

グリナはアミノ酸「グリシン」のチカラで睡眠の質をアップさせるものですが、グリシンという成分はカニやエビ、ホタテなどの食材に含まれるものです。

 

グリシンが睡眠に関係するものだとすると、今までカニやエビ、ホタテを食べた時にどうして効果が出なかったのだろうと思いませんか?

 

実はそれにはグリシンの含有量がポイントだったのです。

 

効果が現るグリシンの含有量

グリシンの効果が表れるには、実は含有量がポイントです。

 

効果が表れる含有量は3,000mgと言われています。

 

これは実はなかなか難しい数字です。
しかも、サプリメントは毎日飲むことでだんだんと効果が出るもの。
そう考えるとグリシン含有量3,000mgのものを毎日食べるというのはかなりシビア。

 

食べ物に含まれるグリシン含有量

グリナのグリシン含有量

 

これから見るとホタテを一日4個ほど食べなきゃいけないという計算になります。
グリシンは意外といろんなものに含まれている成分ですが、毎日となるとやはり食べられないという人が多くなってくるのではないでしょうか?
一方で、いろんな食材に含まれているので、その安全性については実感していただけましたか?

 

他のサプリメントに含まれるグリシン

睡眠改善系のサプリメントはいろんなコンセプトのものがあります。
メジャーなものとして、トリプトファンやGABAなどの成分がメインというものが多く、それらのサプリメントにもグリシンが含まれています。

 

もちろん、トリプトファンやGABAの効果も否定できませんが、今注目されているグリシンの効果を実感するためには、3,000mg摂取する必要があります。

 

そしてこのグリシンを3,000mgの含有量があるサプリメントって意外と少ないのです。

 

グリナは3,000mgきっちり摂取することができます。
毎日飲むのにはとってもいいサプリメントです。

 

効果実感のために毎日グリナを飲む習慣を身につけてみてはいかがでしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ